愛犬と楽しく遊べるドッグランランキング決定版!

Home > ドッグランについて > ストレスを発散できるドッグラン

ストレスを発散できるドッグラン

飼い犬と一緒に旅行をするとなると、ペットと一緒に宿泊できる施設を探すことになります。多くの場合が自動車での移動となり、犬自体も車内で過ごすことになります。高速での自動車の運転は疲れますし、トイレ休憩を兼ねてサービスエリアに入ります。そこで、犬自体のリフレッシュも兼ねて、ドッグランを利用させます。他にも、旅行している犬とも出会えて、周囲の人を気にすることなく、走ることができます。車内での窮屈な時間を忘れて、ストレスを発散させるのにも、一役かってくれます。十分運動をしたら、残りの移動時間の退屈さにも耐えることができます。ドッグランを利用する場合のルールも守るようにします。多くの犬が利用する空間なので、予防接種などは必ず受けておくようにしておきます。利用する他の犬や飼い主の迷惑になるようなことも、控えるようにします。


フレンチブルドッグはドッグランで遊ばせよう

人気の犬種のひとつにフレンチブルドッグがいます。その見た目は一般的にブサカワと言われており、多くの犬好きの人の心をつかんで離しません。あまり知られていませんが、フレンチブルドッグは非常にアクティブです。走り回るのがとても大好きなので、ドッグランに連れていくと喜ぶでしょう。他の犬にもあまり警戒しないので、安心して遊ばせることができます。昔は人が多い都心ぐらいでしかドッグランは見かけませんでした。商売ですから、人が多いところにできるのは当然のことと言えます。しかし、今では地方でも普通に見かけるようになってきました。むしろ、広大な敷地のわりに土地代が安いと言うことで、オープンするには地方がいいと言う経営者も多いです。好奇心旺盛な子犬の頃から連れて行けば、社会性も身につくので一石二鳥と言えるでしょう。


ドッグランに行くときに気をつけること

ドッグランは犬だけが楽しめる場所ではありません。飼い主にとってもかなり重要な場所になります。地域の飼い主の情報交換の場と言う側面もあるからです。そこで得られる情報は、非常に有益でしょう。ただし、不特定多数の人が訪れます。そう言うこともあって、さまざまなトラブルが起こることも少なくありません。ありがちなのは、他の犬とのケンカです。これはある種仕方ないと言えますが、放置するわけにもいきません。対応次第で飼い主同士もトラブルになってしまうことがあります。普段攻撃的ではないと言って、安心するのはやめましょう。愛犬の安全を守るとともに、他の犬に迷惑をかけないようにすることも大事です。ドッグランに行く場合は、普段以上に愛犬の行動に目を光らせるようにしましょう。公共の場ですからマナーを守らないといけません。

▲ ページトップへ