愛犬と楽しく遊べるドッグランランキング決定版!

Home > ドッグランについて > ドッグランではきちんとマナーを守ること

ドッグランではきちんとマナーを守ること

ドッグランは愛犬を自由に遊ばせる場と考えている飼い主が多いでしょう。しかし、ほかの犬もいるので完全に自由と言うわけにはいきません。マナーをしっかり守ることが大切です。まず、ドッグランの中に入ったて、すぐにリードをはずしてはいけません。しばらくリードをつけたまま歩かせましょう。そして、落ちついてきたらおすわりをさせ、アイコンタクトをしてからリードをはずします。つまり、おすわりもできない状態では連れていってはいけないと言うことです。また、犬は興奮するとおしっこをしやすくなります。なので、入場する前に排泄させておきましょう。人や犬が少ない場所を選び、トイレシーツにさせるのがマナーです。また、ゲート付近はほかの犬が集まっていることが珍しくありません。入退場のタイミングは、犬が少ないときがベストです。


ドッグランを利用するときのマナー

ドッグランの利用には、十分にマナーを守ることが重要です。まず、他の犬との交流を目的にして理由するためには、飼い主である自分の命令をきちんと聞くようにしつけしておくことが大切です。そのためには、犬に認識として「自分は飼い主であり、えらい存在である」ということを普段から教え込んでおくことが重要となります。また、もっと基本的なマナーとしては、感染症の予防注射や薬品の接種などはきちんと行っておくことが必要です。万が一、他の犬と遊んでおり、噛み付いてしまったりすることも考えられます。そんなとき、狂犬病などの病気をうつしてしまうと噛んでしまうことよりも、取り返しのつかないことになりかねません。ドッグランの利用に重要なことは、自分たちだけでなく、他の家族もいるということです。そのことをきちんと認識し、適切な対応をしていくことが大切です。


ドッグランが備えられたおすすめのドッグホテル

大切なペットを預けるなら、ドッグランが備えられたドッグホテルを選んであげてください。東京にある人気を集めているドッグホテルではカフェやドッグサロンも併設されています。完全会員制となっており、無料で会員登録することができます。犬に関して深い知識を持つドッグコンシェルジュがいるホテルで、空調も完備しています。預かる犬の体調やアレルギー、性格などを確認した上で安心して世話してもらうことができます。ドッグランは室内にあり、冷暖房が完備されているため季節に関係なくいつでも自由に遊ばせることが可能です。ドッグランでは他の犬も利用しているため、1年以内の狂犬病予防注射と混合ワクチンの接種証明書を提示する必要があります。営業時間は11時から21時までで、定休日は火曜日となっています。犬のトレーニングも受けられます。

▲ ページトップへ