愛犬と楽しく遊べるドッグランランキング決定版!

Home > ドッグランについて > ドッグランは飼い主にとっても有意義な場ですが

ドッグランは飼い主にとっても有意義な場ですが

ドッグランは愛犬に運動をさせるためだけの施設ではありません。ほかの犬とコミュニケーションをとらせ、社会性を養う場でもあります。また、飼い主にとってはほかの飼い主との情報のやり取りができる場所になります。飼い主にも愛犬にも有意義な場所と言えるでしょう。しかし、愛犬がこわがりで、ほかの犬に慣れさせるためにドッグランに連れて行くと言う飼い主もいます。こう言う目的で連れていくのはやめましょう。ほかの犬に対する恐怖心がより強くなってしまいます。また、最低でもおすわや待て、呼んだらすぐに戻ってくると言うしつけができていないとだめです。これができていないと、ほかの犬とトラブルになる可能性が高くなります。しつけは完璧と言う状態にまでしておかないといけません。それが、ドッグランで安全に遊べることにつながります。


ミニチュアピンシャーをドッグランに連れて行くとき

ミニチュアピンシャーは、活発に動き回ることが大好きな犬として知られています。故に、リードを外してもらって自由に走り回れるドッグランは、最高の遊び場と言えるでしょう。しかし、自尊心が高くて、ほかの犬を警戒しがちです。多種多様な犬がいるドッグランでは、ミニチュアピンシャー自身がトラブルの火種になってしまうこともあります。大型犬にケンカを挑むことも珍しくないです。ただ、ミニチュアピンシャーは小型犬ですから、自分がケガをしてしまうでしょう。なので、最初は小型犬専用スペースがあるところに連れて行くのが無難です。また、リードははずさないと言う選択肢もあります。ドッグランの醍醐味がなくなると言う飼い主もいるでしょうが、トラブルを避けるためです。ちなみに、ロングリードはNGと言う施設が多いので気をつけましょう。


ドッグランで運動不足を解消してあげよう

近年、テレビ番組やネットなどが要因となり、犬などのペットを飼う人が多くなっています。可愛らし姿で癒してくれたり、子供の情操教育にも良いと言うことができます。ただ、散歩などのお世話をしっかりしないといけません。毎日散歩をしているが、仕事などで忙しいため、限られた時間で行っている方が多いはずです。そこで、おすすめしたいものがあります。それは何かというと、ドッグランになります。ネットや雑誌などで取り上げられる機会が増えているので、存在は多くの方が認識していると思われます。日常的な散歩だけでは運動不足になっていることが少なくないので、自由に走らせることができるドックランを利用するメリットは大いにあります。運動不足は太ってしまったり、病気を生じさせるリスクを高めることになるので、早い段階でドッグラン等を活用して解消させるべきです。

▲ ページトップへ