愛犬と楽しく遊べるドッグランランキング決定版!

Home > ドッグランについて > 施設内にあるドッグランの場合は

施設内にあるドッグランの場合は

最近は、大きな公園などにドッグランが併設されることも珍しくなくなってきました。住民を増やすために、戦略の一つとして取り入れる自治体もあります。そう言う公共の場にある場合、自由に出入りできることがほとんどです。飼い主としては気軽に利用できるのでありがたいでしょう。しかし、施設内にあるドッグランの場合は、そう言うわけにもいきません。安全管理の視点から感染症予防に力を入れていることが多いです。利用する際、狂犬病ワクチンや混合ワクチンなどの予防接種の証明書を提示しなければいけないことがあります。証明書を持参しなければいけない場合と、事前に使用申請書に番号を記載する場合とがあるので、きちんと確認しておきましょう。手間がかかるイメージがありますが、安全度はかなり高いので多くの飼い主から人気を得ています。


ドッグランを利用する際に気をつけるべきこと

昔に比べて、ドッグランもかなり身近になりました。かつては、あまり地方では見かけることはなかったです。都心に集中していました。都心にはたくさんの人が集まるので、そう言うところにオープンするのは仕方ありません。しかし、今では地方都市でも続々できてきました。ただ、どこのドッグランを利用するときでも、注意しなければいけないことがあります。ドッグランでは飼い主同士が会話に花を咲かせることも珍しくありません。つい、愛犬から目を離してしまいがちです。しかし、それはいけません。目を離しているスキに、犬同士のトラブルが発生することがよくあります。それを防ぐためには、愛犬から目を離さないようにすることです。それだけで犬同士のケンカなどのトラブルを未然に防ぐことができます。飼い主はこれを忘れないようにしましょう。


ドッグランでは愛犬から目を離してはいけない

子犬を迎え入れてある程度の時間が過ぎると、ドッグランで遊ばせたいと考える飼い主も多いでしょう。地域の飼い主との交流の場でもあるので、連れて行くのは大きなメリットがあります。しかし、公共の場ですから気をつけなければいけないことが色々あると言うことを頭に入れておきましょう。愛犬を遊ばせ、飼い主同士はお喋りを楽しむと言うのがドッグランの基本の過ごし方になっています。しかし、愛犬から目を離すのはNGです。他の犬とのトラブルを防げなくなるからです。目さえ離さなければ、トラブルを防ぐことは可能です。もちろん、リードも常に手に持っておくようにしましょう。何かあっても、すぐに愛犬を確保することができます。リードは命綱と言ってもオーバーではないでしょう。また、相性が合わなさそうな犬がいたら、その日はドッグランの使用を見送ることです。

▲ ページトップへ