愛犬と楽しく遊べるドッグランランキング決定版!

Home > ドッグランについて > 犬が気持ち良く遊ぶ場所としてのドッグラン

犬が気持ち良く遊ぶ場所としてのドッグラン

ペットブームが収まりつつあると言われますが、それでも多くの人が犬や猫を飼い、癒された暮らしを送っている人が多くいます。猫を飼う家庭が増えたと言われるようになりましたが、その理由には犬とは違い散歩に連れて行く必要がなく、ストレスの解消を気にする必要がないと言う意見も聞かれる時代になりました。確かに犬を飼うことで、彼らのストレスを上手に解消させる方法として、自由に駆け回る場所が欲しいと考えることになるのでしょう。そのためリードを付けたままの散歩では、本当のストレス解消には到っていないのではと、心配する人も多いようです。そのため、今ではドッグランと言う施設が、各地で見られるようになりました。普段は、道路を歩くだけの散歩しか出来ず、ストレスが溜まって来ている犬も、リードなしで奔放に遊ぶことが出来る場所になっています。

ドッグランとは、飼い犬を自由に走らせたり、遊ばせたりする専用の施設を言い、多くは芝生やウッドチップで出来ていることから、暑い陽射しの中でも暑さを気にすることなく、遊ぶことが出来るようになっています。更には、家族も一緒に遊ぶことが出来るような工夫をされている所もあり、飼い犬にとっては天国のような場所にもなっていると言えるのでしょう。また、いろいろな家庭からたくさんの犬が集まって来ることになり、犬同士仲良く遊ぶ場面も出て来ます。普段は、一匹で過ごす犬も、大勢の仲間がいることで、喜ぶことも多く、精神的も良い場所と言えるのが、このドッグランと言えるのでしょう。更には、犬が専用に遊ぶ場所としてなっていることから、犬のための給水場もあり、更には排泄のスペースまで用意されている所も、多くなっています。

最近、高速道路のパーキングエリア内においてみ、無料のドッグランが見られるようになりました。家族と一緒に旅行に出るペットが増えたことからの対策と見られます。犬の車の中と言う狭い環境から、伸び伸びとした施設で走りまわることが出来、車中のストレス解消に十分役立つことになるようです。これらドッグランの設備として、犬などが囲いを乗り越えないようにと、逸走防止に二重ゲートの設置が義務となっています。更には、犬同士の安全を考え、極小犬や小型犬が遊ぶスペース、中型犬から大型犬が遊ぶスペースを分けている所が、大半を占めているドッグランです。大切な愛犬が、ドッグランで事故を起こしてしまっては、そのドッグランの意味をなしません。大型犬がいることで、小さな犬が遊べないのと言うことがあっては、ならないことなのでしょう。

▲ ページトップへ