愛犬と楽しく遊べるドッグランランキング決定版!

Home > ドッグランについて > 犬の運動不足とドッグランに関すること

犬の運動不足とドッグランに関すること

日本はまさに、一億総ペット時代と言えるのではないでしょうか。ペットを飼うことで癒しがありますし、散歩をすることで飼い主の運動不足解消にも効果があるのではないでしょうか。しかし、懸念されているのが運動をさせるスペースではないでしょうか。リードが付いた状態ではペットにストレスがかかりますし、思う存分走りまわれる場所があれば最高です。そこで注目を集めているのが、ドッグランではないでしょうか。全国にドッグランは増え続けていますし、利用者も年々増えているようです。小型犬から大型犬まで利用することが出来ますし、他の飼い主の方とも交流が出来ることがメリットではないでしょうか。人間もそうですが、犬の運動不足も様々な病気をひきおこす要因になってしまいます。ドッグランを効果的に使用することで、病気のリスクも軽減出来るのではないでしょうか。


ドッグランに関する情報はインターネットで探そう

愛犬の運動不足を解消するために、ドッグランを利用する飼い主さんはたくさんいらっしゃいます。他の犬たちと楽しくコミュニケーションを取ることができるなど、たくさんの魅力を持っていますので、犬を飼い始めた飼い主さんは安心して利用できるドッグランを見つけておくとよいでしょう。ちなみに、インターネットを活用すれば、ドッグランに関するさまざまな情報をいつでも手軽に知ることができます。たとえば、安全に利用するために知っておきたいポイントもすぐにわかります。もちろん、インターネットなら、無料で利用できるところ、有料のところ、屋内、屋外など、豊富に掲載されていますので、お好みに合わせて選ぶことも可能です。屋内タイプなら雨や雪など天候を気にすることなく、行きたいときにいつでも気軽に利用できますし、カフェが併設されていることも多いため、飼い主さんも楽しむことができます。


ドッグランの利用規約を確認しておくこと

ドッグランにはさまざまな犬が遊んでいます。なので、当然ながらトラブルが起きることもゼロではありません。しかし、施設は少しでもトラブルが起きる確率を低くするために、色々な努力をしています。ドッグランに行く際は、事前に利用規約を確認しましょう。利用規約を知らないと、ほかの犬とトラブルに発展する可能性が高くなります。ほぼ全ての施設では、おもちゃはフードの持ち込みを禁止しています。犬同士のケンカの原因になるからです。また、ロングリードも禁止しているところも少なくありません。さらに、予防接種を受けておくのがマナーです。予防接種の証明書を見せなければいけない施設もあります。持参しなくてはいけないかどうか確認しておかないと面倒なことになるので気をつけましょう。利用規約を理解し、マナーを守ることが大切です。

▲ ページトップへ